«

2015.04.06

仮復旧

データベースの書き戻しがどうにもうまく行かず、とりあえずローカルに保存していた記事だけ再アップロードしました。 転職から1年が過ぎ、正直いろんなことがありすぎましたがどうにか元気にバタバタした日常が続いています。

Trackback URL

Comment & Trackback

おおぉ!! 復活したのですね!! 大変嬉しく思います。ひゃっほう。
ウェブサイトが見れなくなった後、medt00lzさんの文章が読みたくて読みたくて仕方が無くて、
医師でも看護師でもないのに、書籍を購入してしまいました。

以前のブログの時、私がEvernoteに全文保存しておいたエントリーがいくつかあります。
もし必要でしたら、お送りいたしましょうか?
以下はサイト右上の検索ボックスからタイトルを検索し、現在公開されていない記事(たぶん)で、
私が全文保存しているエントリーのリストです。
必要でしたら、コメントで返信を下さいませ。
(メールアドレスはダミーです。)

・称賛の時定数について(2013.06.05)
・議論を尽くすのは難しい(2013.05.28)
・報告には行動目標が必要(2013.05.16)
・罵倒の運用について(2013.04.17)
・ネタ切れの効能(2013.04.16)
・言葉の排除が共感を近づける(2013.04.11)
・人を bot にする道具(2013.04.10)
・新型旅客機の特番を見た(2013.04.09)
・待合室の経済(2013.04.03)
・言葉の伝わりやすさについて(2013.03.22)
・人格否定の使いかた(2013.03.13)
・納得と理解のこと(2013.02.28)
・大きな話ができる人(2013.02.26)
・病状説明について(2013.02.24)
・邪悪の手軽さについて(2013.02.20)
・信頼地形の使いかた(2013.02.18)
・なるべく同じ言葉を使いたい(2013.02.14)
・実社会がソーシャルゲームになる(2013.02.13)
・名付けの効果について(2013.02.04)
・0から1を作った経験(2013.01.12)
・分割すると遠くにいける(2013.01.09)
・制約を身につける(2013.01.07)
・正しさをテストで記述する(2012.12.30)
・不明と対峙するときに必要な道具(2012.12.27)
・JASRAC の謝罪文について(2012.12.16)
・押す販促と引き上げる販促(2012.12.05)
・購買のソーシャル化(2012.12.04)
・信頼性と検索性(2012.11.29)
・説得に必要な体積(2012.11.28)
・見栄の力について(2012.11.21)
・ゼロクリックの情報デザイン(2012.11.19)
・歩き出す技術について(2012.11.15)
・ずるい技術について(2012.11.14)
・バザールの賑わいには意味がある(2012.11.12)
・大きな文章の作りかた(2012.11.10)
・配列について(2012.11.09)
・事業計画としての書籍出版(2012.11.03)
・意味のない書き出しには意味がある(2012.10.31)
・マンション販売の人が来た(2012.10.20)
・危機対応について(2012.10.18)
・制約が楽しさを作り出す(2012.10.11)
・人事の説得技術(2012.10.10)
・ゲームの進化について(2012.10.06)
・人は禁じられた方向に努力する(2012.09.23)
・ワークショップ雑感(2012.09.18)
・快適さの支点(2012.09.14)
・レビュアー募集のお知らせ(2012.09.10)
・上司に怒られるための参考書がほしい(2012.08.13)
・必要なものとほしかったもの(2012.07.30)
・歩きかたと登りかた(2012.07.13)
・人格否定の使いかた(投稿日不明)
・言葉の伝わりやすさについて(投稿日不明)
・待合室の経済(投稿日不明)

ありがとうございます。書き戻しが終わっていない昔の記事については、まずは webarchive あたりから探してみようと思います。

そうですか? わかりました。
もし必要な折になりましたら、お気軽にどうぞ。
特段、書き出すのは手間ではありませんので。
今後の執筆を楽しみにしています。寒い日が続きますが、どうぞお疲れの出ませんよう。

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>